Company Official一般企業の方へ

企業様・団体様・各種組合様への導入実績多数!
従業員・協力会社の安否をスピーディに把握
安否確認システム「ANPIC」

東日本大震災後、企業のBCP(自然災害等への対応を定めた事業継続計画)に対する機運が高まり、安否確認システムの導入や見直しを行う企業が増えています。
大規模災害時に従業員や協力会社の安否状況をいち早く確認し、各業務における対処策を早急に講じることは、その後の事業運営に大きく影響します。
アバンセシステムは、安否確認システム「ANPIC」をご提案します。ANPICはインターネットを介して従業員が自身の安否を報告し、管理者が全体の安否状況を一元管理できるシステムです。

BenefltANPICが選ばれる8つの理由

ANPICは大企業から中小企業まで数多くのユーザー様にご利用いただいています。
ANPICが企業の皆様に選ばれる理由は、ここにあります。

  • 01

    安定品質で低価格

    産学連携によって共同開発したシステムなので、開発費用を抑えられた分、ユーザーの皆様に安価でシステムを提供。さらに、ボリュームディスカウントもあります。

  • 02

    シンプルなデザインで
    操作が簡単

    大規模災害時を想定し、いざという時でも迷わず素早く操作できるように、直感的でシンプルなデザインにこだわりました。操作が簡単なので覚えやすく、担当者様の負担を軽減します。

  • 03

    大企業から中小企業まで対応

    従業員数に関わらず、少人数から大人数まで導入可能。
    シンプルな管理から、複雑な組織構成まで柔軟に対応できます。

  • 04

    マスタ連携で大規模な人数にも
    ラクラク対応!

    既存の人事システムや総務システムとデータ連携すると、実質的にメンテナンスフリーとなり管理者の作業の手間を省きます。大規模な人数でも管理に手間がかかりません。

  • 05

    手厚いサポートで
    担当者の負担を軽減

    それぞれの企業様に合った運用方法を提案し、初回のユーザー登録を無料で代行。導入時には無料説明会を開催(初回1回のみ、交通費別途相談)し、手厚いサポートで担当者様の負担を軽減します。また、ANPICサポートセンターを設置。各組織の体系に合わせて運用アドバイスをしたり、PC操作に不安のあるご担当者様に操作のサポートをしたりします。

  • 06

    幅広い活用方法が可能

    大規模災害時の安否情報以外にも、幅広い活用方法が可能です。社内連絡、各種会合の出欠確認、アンケートの実施及び集計、相手を特定した情報伝達、組織内のみの情報伝達など、フレキシブルにご利用ください。組織ごとに管理者を設定し、組織内に閉じた情報伝達にも利用できます。

  • 07

    スマートフォンのLINEや
    ANPIC専用アプリでも受信可能

    お手持ちのスマートフォンで、LINEや専用アプリから、通知を受け取れるよう設定できます。

  • 08

    プライバシーにも配慮

    システムには緊急時を想定してメールアドレスなど、プライベートな連絡先を登録することになりますが、ユーザー様ご自身が登録するので管理者にも非公開となりプライバシーを保護できます。

Overall FlowANPICを使った安否確認

  • 一般ユーザー

    一般ユーザー(従業員や協力会社...等)は、自身のメールアドレスを登録し、アプリ又はLINEを通知先に設定します。大規模災害が発生すると、設定したメールアドレス、アプリ、LINEに安否確認のメッセージが届きますので、それに対して自身の安否報告を行います。

  • 管理者

    管理者(防災担当者や役員...等)は、まずユーザー情報(ID、氏名、所属等)を登録します。次に、震度と地域の設定をします。大規模災害が発生すると、一般ユーザーの安否情報をシステムが自動集計するので、それを組織別あるいは個別に確認できます。

ANPIC全体のイメージ

Employee従業員や協力会社等の「一般ユーザー」は、次のようなことが可能です。

自分自身の安否報告

メール、アプリ又はLINEを使って、
緊急災害時の自身の安否状況を会社(所属組織)に報告できます。

メッセージの確認

管理者からシステムを通じて送られてきた
各種のメッセージを確認できます。

アンケートの回答

管理者からアンケートが送られてきた場合には、
それに対して回答することができます。

同僚や上司等の安否状況確認(任意)

大規模災害時に、システムを通じて同僚や上司等の
安否状況を確認できます。(この機能は任意です)

Manager防災担当者や役員等の「管理者」は、次のようなことが可能です。

収集した安否情報の
確認・保存

組織体系に合わせた管理

組織体系に合わせて、自分の管理下にいる人員の
安否管理に集中できる。

未回答者への催促、指示・連絡メールの送信

回答状況によって、システムが宛先を自動で絞り込むため、
未回答者への催促や、出社指示等、簡単にメールを送信ことができる。

アンケート作成・結果確認

社内調査や会議の出欠、メンタルヘルスチェックなど、災害時以外でも任意のアンケートを作成し、
自動集計された回答結果を確認できます。

代理報告

たとえば一般ユーザーが携帯電話を紛失した場合、他者の携帯電話や公衆電話を使って
管理者に安否情報を報告する可能性もあります。
このように、ANPIC以外の手段で安否状況を確認できた場合には、管理者が代理でシステムに報告することができます。
安否状況をシステム上で一元管理し、複数の管理者がシステムに蓄積された情報を
リアルタイムに共有できます。

送信状況の確認

メールの送信状況(送信成功・受信不可)を確認することができます。
たとえばメールアドレスの登録間違いや迷惑メール設定、メールボックスの容量オーバーなどが原因で、
一般ユーザーがメールを受信できないことがあります。
その場合、管理者はメールを受信できないユーザーを特定することができます。
(一部特定できないケースもございます。)

Other Featuresその他の特徴

ANPICは大学や中高一貫校などの学校及び教育機関で、数多くのユーザー様にご利用いただいています。
ANPICが皆様に選ばれる理由は、ここにあります。

柔軟な組織設定

組織数や階層数の制限はなし!
自動送信の震度や対象となる地域は第2階層組織ごとに、所在地に合わせて設定できます

FlowANPICのお申し込みから
導入までの流れをご紹介します

CONTACT安否確認システムANPICについて
お気軽にご相談ください

ANPICサポートセンター

0800-808-8282

月〜金(土日祝除く) 9:00 ~ 17:00