安否マン

NEWSANPICからのお知らせ

2023/09/08コラム

台風や大雨で安否確認システムをどう活用する?

これから秋にかけては台風が多くなり、大雨や洪水、暴風などの自然災害が発生しやすい季節です。
そんな地震以外の災害時にも安否確認システムを活用しましょう。

「安否確認」をするシステムではありますが、
やみくもに無事かどうかの安否を確認しても意味がありません。

~平日夜21時自宅:台風が近づいてきていて外は大雨、スマートフォンからはエリアメールが鳴り響いている~
そんな時に地震発生時と同じ安否確認メッセージを届けてもあまり意味がないと考えます。

①予め最新の台風情報を確認し、夕方早めに帰宅すること等注意喚起の一斉連絡
※その際に状況によって「安否確認」や「明日の出社についての指示連絡」をすることも連絡
②大雨が落ち着いた後、状況を判断し被害状況の確認や明日の出社について連絡
③翌朝の公共交通機関の状況で必要であれば再度出社について連絡
・・・例えば上記のように活用しましょう。

地震以外の災害は、
●予報による事前の連絡
●災害発生後の状況に合わせた適切な指示連絡
が重要になります。

平日か休日か、日中か夜間か・・・などでも連絡の内容が変わります。

ANPICには予めメッセージ文章を保存しておけるテンプレート機能があります。
保存数に制限はありませんので、予め様々なシーンを想定し
状況にあった適切な連絡ができるよう準備しておきましょう。
※テンプレートのサンプルもあります。

安否確認システム「ANPIC」のお問合せはこちらまで。

CONTACT安否確認システムANPICについて
お気軽にご相談ください

ANPICサポートセンター

0800-808-8282

月〜金(土日祝除く) 9:00 ~ 17:00

※お電話いただいた際には会社名などの法人名をお伺いする場合があります。
予めご了承ください。