NEWSANPICからのお知らせ

2020/01/29

導入いただいたお客様のお声をご紹介!

安否確認システムは価格、機能において各社それぞれの特徴があり
比較検討する中でも迷ってしまう事もあるかと思います。

その中で、”ANPICに決めた企業は、何が決め手だったのだろう。”
そんな疑問に少しでもお答えできればと考え、
ANPICをご導入いただいたお客様のお声を一部ご紹介させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<大手製造メーカー A社>
◆導入人数:20,000名
◆導入目的:
・災害時、緊急時に従業員の安否を迅速に収集し、事業の早期復旧のための対策を立てるため。
(BCP対策)
◆決め手となった主な理由:
・本社が地元にあることから、何かあればすぐにサポートしてもらえるため。
・静岡大学発のシステムであることへの安心感、必要な機能は十分かつ複雑過ぎず使いやすいため。
・上記2点に加え他社より安かったため。

<福祉施設 B社>
◆導入人数:300名
◆導入目的:
・災害時、施設の入居者の家族に安否を知らせたいため。
・従業員の安否をいち早く確認し、入居者の安全確保に努めるため。
◆決め手となった主な理由:
・代理報告機能があり、自身での報告が困難な入居者の安否を、管理者が代わって報告できるため。
・こちらの事情に合わせ、導入まで丁寧に対応していただいたため。
・施設での運用方法について考えていただき、説明会を開いていただいたため。

<製造業 C社>
◆導入人数:2,500名
◆導入目的:
・取引先への自社の安否報告、緊急報告を迅速に行うため。
・関連会社と同じシステムを導入し、互いに協力しながら訓練を行っていき、災害時に備えたいため。
◆決め手となった主な理由:
・取引先と同様のシステムであったため。
・関連会社と共同で使用することができるが、関連会社同士の情報は非公開に設定することができるため。
・他社と比べ、機能は変わらず安価であったため。
・関連会社各所で操作説明会を開催していただいたため。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ぜひ、ご参考にしてみてください。

また、”こういった使い方はできますか?”など、ご相談いただければ
ニーズにお応えできる運用方法をご提案させていただきます。

実際の機能と同じようにご利用いただける、無料体験版のご用意もあります。

まずはお試しでお使いいただくのはいかがでしょうか。
お気軽にお申し付けください。

□■お問い合わせはコチラから■□

CONTACT安否確認システムANPICについて
お気軽にご相談ください

ANPICサポートセンター

0800-808-8282

月〜金(土日祝除く) 9:00 ~ 17:00